納豆キナーゼの効果・効用

まず、ナットウキナーゼには血管内に作られた血栓を溶かす作用があります。 血管の傷を修復するために出来た血栓(凝固作用)は、その修復作業を終えたら溶ける(線溶作用)ものですが、この凝固作用と線溶作用の二本柱のバランスがくずれると脳梗塞や心筋梗塞、または血栓症などを引き起こしてしまいます。

こうした症状の原因となる血栓を溶かす作用があることから、ナットウキナーゼは「血栓溶解酵素」とも呼ばれています。また血栓を溶かすだけでなく、ナットウキナーゼには血液をサラサラにする作用もあるため、動脈硬化の予防にもなると言われています。

高コレステロールや高脂血症など、「血液がドロドロ」と言われる成人病、またはその予備軍である現代人にとって、納豆由来の酵素であるナットウキナーゼは、欠かせない栄養素の1つと言えるのではないでしょうか。

ミュゼで全身脱毛するときの料金とは?※支払が心配な方はコチラ!

このブログ記事について

このページは、pjが2015年4月15日 10:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キューブ 値段」です。

次のブログ記事は「アニエスベーのコスメ通販「CCBバリ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。